みそら保育園の概要

みそら保育園は、児童福祉法第39条に基づき、保育を必要とする乳幼児の保育を行い、その健全な心身の発達を図る事を目的とする児童福祉施設です。
家庭と保育園との中で成長していく子どもたちを、お互いが協力し、一緒に育ててゆきたいと考えます。保育園では、同年齢・異年齢のたくさんの友達や保育園で働くたくさんの大人(園長をはじめとした職員一同)と生活をともにします。基本的生活習慣を丁寧に身に付け、たくさんの遊びを通し、子どもの成長に欠く事の出来ない社会性など、大切な事を学びます。地域社会とのつながりを大切に、たくましく生活していけるようにと願っています。
また、子ども達は、人間としての基本的な能力や学力の基本となる力を、「毎日の生活と遊び」を通して身につけていきます。思いやりや優しさ、協力してなにかを成し遂げる、他人の身になって考えるなど人間関係を作る力も遊びの中で育てていきます。みそら保育園では「遊び」を最も重要視し、よりよい遊びが保障されている環境作りに取り組んでいきます。
子ども達が出来るだけストレスなく、無理をしないで、人間にとって本当に必要な力を身につけていけるよう、十分配慮して子どもに関わっていきます。幼児は異年齢保育を実施しています。

名称
社会福祉法人  南生会  みそら保育園
所在地
千葉県船橋市東中山2-1-20
設立
平成20年4月1日
理事長
藤代  昭子
園長
小島  地加
電話番号
047-302-2505
FAX
047-302-2506
e-mail
misorahoiku@nanseikai.or.jp
ホームページ
http://www.misora.ed.jp/

2016/12/20